2010年06月29日

早起きするのが充実のコツ

たまにはゆっくり寝ていたいと思うのは仕方ありませんが、充実した休みを過ごすために早起きは外せません。

早く起きて活動を開始し、昼寝タイムを30分間とる。


遅くまで寝ているというのは、30分どころではなく数時間も余計に寝ることを指しますので、30分の昼寝の方が効率的に良い。

しかも、ちょっと昼寝すると頭もスッキリすることが多いのでますますいいことづくめ。


眠くても疲れていても、まずは早起きすることが大切なのです。
【関連する記事】
posted by やっし at 21:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。